用地買収「不当に高額」 山梨・上野原市が敗訴 甲府地裁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
山梨県上野原市の江口英雄市長=小田切敏雄撮影
山梨県上野原市の江口英雄市長=小田切敏雄撮影

 山梨県上野原市が購入した保育所新設用地の金額が不当に高かったとして、市民らが市と江口英雄市長を相手取り、差額の返還を求めた住民訴訟で、甲府地裁(峯俊之裁判長)は9日、江口市長へ計5050万円を請求するよう市に命じた。

 市は、耐震上の問題から保育所の再編を計画。2013年10月に民間団体から受け取った鑑定書を基に、奈良明彦前市長と親族が持つ土地(約7000平方メートル)を計2億5200万円で買い取るこ…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

あわせて読みたい

注目の特集