メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島・大熊町 一部地域で避難指示解除 復興に向け新たな一歩

福島県大熊町の現状

 政府は10日午前0時、東京電力福島第1原発事故で全域が避難区域になっている福島県大熊町の一部地域で避難指示を解除した。同原発が立地する大熊、双葉両町では初めて。事故から8年余りが経過し、町は本格的な復興に向けて新たな一歩を踏み出した。

 避難指示が解除されるのは、居住制限区域の大川原地区と、避難指示解除準備区域の中屋敷地区で、町面積(…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです