メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の事件ジャーナリズム史

(13)神戸・須磨の連続児童殺傷事件、大津いじめ自殺事件、川崎・中1生徒殺人事件--さらされる実名と顔写真

被害者の少年の遺体に添えられていた「犯行声明」を伝える紙面

 1997年5月、「日本列島を震撼(しんかん)させる」という表現が決して月並みでも過剰でもない衝撃の事件が起きました。神戸市須磨区で小学6年の男児が殺害され、切断された男児の頭部が中学校の校門に置かれたのです。しかも、頭部は刃物で残忍に傷つけられたうえ、口には「酒鬼薔薇聖斗」を名乗る人物の犯行声明文がはさまれていました。「さあゲームの始まりです 愚鈍な警察諸君 ボクを止めてみたまえ ボクは殺しが愉快でたまらない 人の死が見たくて見たくてしょうがない 汚い野菜共には死の制裁を 積年の大怨に流血の裁きを SHOOLL KILL 学校殺死の酒鬼薔薇」と書かれた紙片でした。後に神戸新聞社にも犯行声明と挑戦状が届く異様さでした。

 6月になって逮捕されたのは、14歳の中学3年男子でした。付近では、小学6年男児殺人事件が起きる前の2月には小学6年の女児2人が殴打される事件があり、3月には小学4年の女児が頭部を殴られて死亡し、さらに小学3年の女児が腹部を刺され2週間のけがをする事件がそれぞれ起きていました。これらすべての事件について、逮捕された少年は容疑を認めました。1人の中学生による連続殺人・殺人未遂事件は犯罪史上初めてとされています。

逮捕された少年を乗せた護送車

 容疑者の少年は医療少年院に送られ、専門医の治療を受け、更生に向けた矯正教育をへて7年後に出所しました。その彼が突然、犯行の詳細な描写を含んだ告白本「絶歌 神戸連続児童殺傷事件」を「元少年A」の名前で出版したのは2015年のことでした。その著書の中で32歳になった彼はこう書いています。

少年の逮捕の衝撃を伝える紙面

 「今でもネットで普通に見られる14歳当時の顔写真、あの能面のような無表情の顔…」「僕は、流出した14歳当時の写真に写っているとおりの…」

 そうです。今も私たちは、すぐに「元少年A」の14歳当時の写真を見ることができます。この事件では、写真週刊誌「フォーカス」や「週刊新潮」などが少年の実名と顔写真を掲載しましたが、大手書店などが少年法の趣旨をふまえて販売を自粛し、法務省が発行元の新潮社に対して雑誌の回収勧告を出す事態になりました。しかし、一部で販売されて出回った写真が、今もネット空間の中に存在し、誰もがアクセス可能な状態になっています。インターネットが登場する以前なら、実際の紙媒体でしか見ることのできないものでした。

 少年に限らず容疑者を実名で報じるのか、匿名にするのかは、メディアが最も神経を使う判断のひとつでした。メディア全体として、数々の失敗をしながらも、議論を深めてきたテーマでした。これまでにも、綾瀬・女子高生コンクリート詰め殺人事件(1989年)や堺市通り魔事件(1998年)など、一部雑誌が容疑者の少年を実名で報じることはありました。私はそれらが正しい判断だったとは決して思いませんが、容疑者と被害者の人権、犯罪の重大性、表現の自由、報道の公共性などを熟慮したうえで下された判断だと受け止めています。ただ、当時の判断が、その情報が未来永劫(えいごう)、誰もがいつでもどこからでもアクセスできる状態になると想定していたとは思えません。インターネットが情報環境を劇的に変えたのです。さらに、インターネットのさらなる普及によって、メディアの議論や判断とは無関係のところで、実名も顔写真もネット空間に拡散していくようになりました。

 2015年2月、川崎市の多摩川河川敷で中学1年の男子(当時13歳)が17~18歳の少年3人に、真冬の川で泳がされたうえに、殴る蹴るの暴行を受け、カッターナイフで全身数十カ所も刺されて殺害される事件が起きました。検察が「何の落ち度もない無抵抗の男子を寄ってたかって暴行し、むごいのひと言に尽きる」と表現した事件でした。

 この事件では、容疑者の少年たちの実名や顔写真が瞬時にネットに投稿されました。ネットユーザーが動画配信サイトを使い、逮捕された少年の自宅前とされる場所などから生中継をする事態まで起きました。想定外のことが相次ぎ、ニュースアプリ「スマートニュース」が、容疑者の少年3人の実名と顔写真とされる情報が載ったサイトを「記事」として転載し、拡散を加速することにもなりました。

 さらに深刻な被害も出ました。インターネット上で「犯人探し」が続いていた時、「犯人グループ」として事件とは無関係の少年を含む10人近い人たちの実名や顔写真がアップされたのです。住所や家族関係などプライバシーの根幹に関わる情報も拡散しました。

 事件に無関係の人まで巻き込んで名誉毀損(きそん)やプライバシー侵害が起きるのが、インターネット社会の怖さです。2011年10月、大津市立中学2年の男子生徒が自殺する事件がありました。教育現場の隠蔽(いんぺい)体質が問題になり、いじめ防止対策推進法ができるきっかけにもなった全国で注目された事件です。執拗(しつよう)ないじめの実態が人々の怒りを呼びましたが、事件とは無関係の人たちまでが次々といじめの加害者やその家族として名指しされてしまいました。こうしたウソの情報を信じ込んだ有名タレントが、自分のブログに、事件とは無関係の女性の顔写真を掲載してしまいました。掲載された女性は「いじめの加害者の母親と誤認され、社会的評価が下落し、多大な精神的苦痛を受けた」と有名タレントを訴えました。1審では有名タレントが敗訴しています。

 インターネットに上がった情報を完全に消し去るのは大変難しいことです。それは名誉毀損や人権侵害が延々と続くことを意味します。また「拡散」という事象は、インターネットの登場によって始まった現象です。そして、インターネットはウソの情報でも拡散します。ウソの情報の方がはるかに拡散が早いという現実さえあります。次回は、新しい社会問題となった「フェイクニュース」について考えます。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです