メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の事件ジャーナリズム史

(13)神戸・須磨の連続児童殺傷事件、大津いじめ自殺事件、川崎・中1生徒殺人事件--さらされる実名と顔写真

被害者の少年の遺体に添えられていた「犯行声明」を伝える紙面

 1997年5月、「日本列島を震撼(しんかん)させる」という表現が決して月並みでも過剰でもない衝撃の事件が起きました。神戸市須磨区で小学6年の男児が殺害され、切断された男児の頭部が中学校の校門に置かれたのです。しかも、頭部は刃物で残忍に傷つけられたうえ、口には「酒鬼薔薇聖斗」を名乗る人物の犯行声明文がはさまれていました。「さあゲームの始まりです 愚鈍な警察諸君 ボクを止めてみたまえ ボクは殺しが愉快でたまらない 人の死が見たくて見たくてしょうがない 汚い野菜共には死の制裁を 積年の大怨に流血の裁きを SHOOLL KILL 学校殺死の酒鬼薔薇」と書かれた紙片でした。後に神戸新聞社にも犯行声明と挑戦状が届く異様さでした。

 6月になって逮捕されたのは、14歳の中学3年男子でした。付近では、小学6年男児殺人事件が起きる前の…

この記事は有料記事です。

残り2030文字(全文2393文字)

小川一

1958年生まれ。1981年に毎日新聞社入社。社会部で事件取材を長く担当。社会部長、編集編成局長、取締役・編集編成担当などを経て18年6月から毎日新聞グループホールディングス取締役。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです