特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Together

柔道と空手の「二刀流」コーチ 情報分析で選手支える石井孝法さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大学の研究室で柔道の対戦相手の分析をする石井孝法さん=千葉県浦安市明海5の了徳寺大で2018年6月27日午前11時56分、松本晃撮影
大学の研究室で柔道の対戦相手の分析をする石井孝法さん=千葉県浦安市明海5の了徳寺大で2018年6月27日午前11時56分、松本晃撮影

 柔道と空手の「二刀流」で東京五輪を目指すスタッフがいる。両競技のナショナルチームの情報分析を担当する石井孝法さん(39)。メダル量産に向け、休む間も惜しんで勝利の糸口を探っている。

 石井さんはかつては柔道男子100キロ級のトップ選手で、今の男子代表監督の井上康生氏(40)、同じく男子代表の重量級コーチ、鈴木桂治氏(38)と同世代だ。日本のトップ8人が出場する全日本選抜体重別選手権で3位に入ったほどの実力者だったが、2人の天才の陰に埋もれた。2005年に引退し、筑波大大学院でスポーツ科学やコーチング学を学び、裏方として一流を目指す道を選んだ。

 手腕を発揮したのが16年リオデジャネイロ五輪だ。男子が史上初の金メダルゼロに終わった12年ロンドン五輪から再起を期すために知恵を巡らせ、選手や審判の傾向を分析する新システムを開発した。

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1253文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

ニュース特集