メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

2500年前のミイラ発見、カイロ南部の忘れられた墓地で

 4月8日、エジプトのカイロ南部にある発掘現場で、2500年前の高位聖職者などのミイラが発見された。保存状態は良好で、麻の布に包まれ、女神イシスを描いた金の装飾品を身に付けていたという。写真は女性と子供のミイラ、5日撮影(2019年 ロイター/Mohamed Abd El Ghany)

[PR]

 [ミニヤー(エジプト) 8日 ロイター] - エジプトのカイロ南部にある発掘現場で、2500年前の高位聖職者などのミイラが発見された。保存状態は良好で、麻の布に包まれ、女神イシスを描いた金の装飾品を身に付けていたという。

 今回、考古学者のザヒ・ハワス氏や現地調査団が、第26王朝の石棺3つを開封し発見した。青い玉石で飾られた女性のミイラもあった。

 この墓地は1927年に、巨大な石灰岩で作られた石棺が発掘され美術館に収められたが、その後は忘れられたままとなっていた。いまから2年前に盗掘があったことから、調査が再開したという。

 発見の様子は7日、ディスカバリーチャンネルで放映された。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  2. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. 羽生善治九段、藤井聡太王位に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです