メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

2500年前のミイラ発見、カイロ南部の忘れられた墓地で

 4月8日、エジプトのカイロ南部にある発掘現場で、2500年前の高位聖職者などのミイラが発見された。保存状態は良好で、麻の布に包まれ、女神イシスを描いた金の装飾品を身に付けていたという。写真は女性と子供のミイラ、5日撮影(2019年 ロイター/Mohamed Abd El Ghany)

[PR]

 [ミニヤー(エジプト) 8日 ロイター] - エジプトのカイロ南部にある発掘現場で、2500年前の高位聖職者などのミイラが発見された。保存状態は良好で、麻の布に包まれ、女神イシスを描いた金の装飾品を身に付けていたという。

     今回、考古学者のザヒ・ハワス氏や現地調査団が、第26王朝の石棺3つを開封し発見した。青い玉石で飾られた女性のミイラもあった。

     この墓地は1927年に、巨大な石灰岩で作られた石棺が発掘され美術館に収められたが、その後は忘れられたままとなっていた。いまから2年前に盗掘があったことから、調査が再開したという。

     発見の様子は7日、ディスカバリーチャンネルで放映された。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

    2. 未消化の有給休暇、どうか成仏して…大阪で「供養」イベント

    3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

    4. 訪日外国人「2030年に6000万人」の“リスク”

    5. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです