メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 大熊、避難指示一部解除 原発立地自治体で初

自宅近くで散歩をする佐藤右吉さん=福島県大熊町の大川原地区で2019年4月10日午前、渡部直樹撮影

 政府は10日午前0時、東京電力福島第1原発事故で全域が避難区域になっている福島県大熊町の一部地域で避難指示を解除した。除染による放射線量の低下などが理由で、同原発が立地する大熊、双葉両町では初の解除。事故から8年がたち、解除地域で役場新庁舎が整備される一方、生活基盤が避難先に移ったことから住民の帰還意欲が低下するなど、課題は山積している。【湯浅聖一、渡部直樹】

 避難指示区域は線量の高い順に、帰還困難▽居住制限▽避難指示解除準備--の3区域に分類され、今回は居住制限区域の大川原地区と避難指示解除準備区域の中屋敷地区で解除された。両地区は町面積(約79平方キロ)の約4割を占めるが、住民登録は138世帯367人(3月末現在)で町全体の約3・5%に過ぎない。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. アート作品? 米ユタ州の砂漠で謎の金属柱発見 臆測が飛び交う

  5. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです