メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 大熊、避難指示一部解除 原発立地自治体で初

自宅近くで散歩をする佐藤右吉さん=福島県大熊町の大川原地区で2019年4月10日午前、渡部直樹撮影

 政府は10日午前0時、東京電力福島第1原発事故で全域が避難区域になっている福島県大熊町の一部地域で避難指示を解除した。除染による放射線量の低下などが理由で、同原発が立地する大熊、双葉両町では初の解除。事故から8年がたち、解除地域で役場新庁舎が整備される一方、生活基盤が避難先に移ったことから住民の帰還意欲が低下するなど、課題は山積している。【湯浅聖一、渡部直樹】

 避難指示区域は線量の高い順に、帰還困難▽居住制限▽避難指示解除準備--の3区域に分類され、今回は居…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文744文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 運転免許返納 入浴料割引、ドリンクサービスも 横浜・天然温泉満天の湯 /神奈川
  4. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  5. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです