メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦 第1局 腰掛け銀、佐藤先攻

 <大和証券>

 将棋界の最高峰の対決、佐藤天彦(あまひこ)名人(31)と挑戦者・豊島将之王位(28)の第77期名人戦七番勝負第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)は10日、東京都文京区のホテル椿山荘東京で始まり、速いスピードで序盤の駒組みが進んだ。

 佐藤は昨年、羽生善治九段(48)の挑戦を退けて3連覇を達成。豊島は昨年度の最優秀棋士に選ばれている。

 佐藤の初手2六歩から角換わり戦の進行になった。両者ともに経験が豊富で、4八金・2九飛対6二金・8一…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです