メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

F35墜落

操縦士から「訓練中止」 突発的トラブルか

F35Aが墜落した海域付近を捜索する航空自衛隊のヘリ=青森県沖で2019年4月10日午前9時51分、本社機「希望」から玉城達郎撮影

 青森県沖で消息を絶ち、10日に墜落が確認された航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)所属のF35Aステルス戦闘機。操縦していた男性3佐は事故直前、無線で「ノック・イット・オフ(訓練中止)」と伝えていたという。10日朝の時点で3佐が緊急脱出した形跡は見つかっておらず、突発的なトラブルが発生した可能性が高い。最新鋭機の墜落に防衛省には衝撃が走った。

 「地元の皆様に大変不安を与え、深くおわび申し上げたい」。岩屋毅防衛相は10日朝、防衛省で報道陣に陳…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです