メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手塚雄二展

光と風と 大阪で始まる

開幕した手塚雄二さんの個展=大阪市中央区の大阪高島屋で2019年4月10日、幾島健太郎撮影

 現代日本画壇を代表する一人、手塚雄二さんの個展「手塚雄二 光を聴き、風を視(み)る」(毎日新聞社など主催)が10日、大阪市中央区難波5の大阪高島屋グランドホールで開幕した。

 手塚さんは東京芸大で故・平山郁夫に師事し、在学中に院展に入選するなど若くして頭角を現した。本展では人や動物を題材にした幻想的…

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文299文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 京アニ火災 「聲の形」「氷菓」岐阜県内の聖地でも悲しみ広がる
  5. 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです