メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニシアターから

人生問う秀作2本 出会いから芽吹く希望 シネ・ピピア支配人・景山理さん(64)

映画「半世界」の一場面=(C)2018「半世界」FULM PARTNERS

景山理(さとし)さん(64)

 世界各国の観客賞を軒並み受賞した「家(うち)へ帰ろう」を上映中です。パブロ・ソラルス監督がドイツ嫌いの祖父をめぐる実話をもとにしたロードムービーです。

 アルゼンチンに住む88歳の仕立屋アブラハム(ミゲル・アンヘル・ソラ)は、ホロコーストから生還した時に助けてくれた親友に会うため母国ポーランドに向かいます。ドイツの駅で乗り換える時、ホームに降りて土地を踏みたくないと頑固に言い張るアブラハムを、出会った人が懸命になだめて助けます。民族を超えた協力や情けで老人の心が癒やされ、憎しみが溶けていくのが見どころです。

 人生でやり残したことを実現する、その人を皆が応援する--。そんな姿に胸が熱くなります。タイトルの「…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文749文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 防災なるほドリ 帰れなくなったらどうしたらいいの?=回答・金森崇之
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 震源は「新潟-神戸ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです