メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震3年

動物病院奮闘記、児童書に ペット同伴被災者1500組を受け入れ 「共生避難所」の整備訴え

 2016年4月の熊本地震後、ペットを連れて避難した被災者延べ1500組を受け入れた動物病院の院長、徳田竜之介さん(57)の奮闘を描いた児童書が10日、出版された。「ペットを救うことで、飼い主の心も救える」と語る徳田さん。地震から3年の節目を前に、災害時のペット同伴避難の必要性を訴えている。【清水晃平】

 獣医師の徳田さんが院長の竜之介動物病院(熊本市中央区)は、16年4月14日の前震直後から被災したペ…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1033文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 韓国、対日批判強める 輸出規制「日本に大きな損害」 知日派の李首相活用も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです