メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ごみ処理組合

弘前環境整備と黒石清掃施設、26年度統合で協議開始 /青森

 弘前地区環境整備事務組合(弘環組合)と黒石地区清掃施設組合(黒清組合)は、2026年度の統合に向けて協議を始めたと発表した。人口減少や少子高齢化に対応し、広域化を図ることで効率的なごみ処理体制の構築を目指す。

 弘環組合は、弘前市など6市町村。黒清組合は、黒石市など5市町村で構成。弘環組合では弘前市にある弘前地区環境整備センターと南部清掃工場の2施設、黒清組合は黒石市にある環境管理センターでそれぞれごみ処理を行っている。

 ただ、南部清掃工場は23年度をめどに延命化工事、環境管理センターは28年度をめどに建て替えが必要と…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  3. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. 世耕氏「印象操作だ」 テレ朝は直接おわび 「批判」と「謝罪」への違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです