メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうほく彩発見/青森

高校存続問題と市町村の役割=高橋興さん /青森

 <TOUHOKU SAIHAKKEN>

動かねば何も変わらない 高橋興さん(青森中央学院大経営法学部教授)

 新年度がスタートしたが、少子化に伴う高校存続問題はさらに深刻化している。

 青森県教育委員会は2017年7月、県立高校で1学年4学級以上の規模を確保するために、22年度までに全日制課程12校(翌年1校増)を統廃合することを決めた。この際、町村部にあり統廃合で通学困難な生徒が生じる6校を、1学年1~2学級規模の「地域校」とすることも決めた。

 そして、このうち1学年1学級の地域校4校の入学者数が、2年連続で募集定員の半分に満たなかった場合、…

この記事は有料記事です。

残り1387文字(全文1660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

  5. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです