メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうほく彩発見/青森

高校存続問題と市町村の役割=高橋興さん /青森

 <TOUHOKU SAIHAKKEN>

動かねば何も変わらない 高橋興さん(青森中央学院大経営法学部教授)

 新年度がスタートしたが、少子化に伴う高校存続問題はさらに深刻化している。

 青森県教育委員会は2017年7月、県立高校で1学年4学級以上の規模を確保するために、22年度までに全日制課程12校(翌年1校増)を統廃合することを決めた。この際、町村部にあり統廃合で通学困難な生徒が生じる6校を、1学年1~2学級規模の「地域校」とすることも決めた。

 そして、このうち1学年1学級の地域校4校の入学者数が、2年連続で募集定員の半分に満たなかった場合、…

この記事は有料記事です。

残り1387文字(全文1660文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  4. 飼料から禁止薬物 JRA、15、16日東京、阪神、函館出走予定の156頭競走除外
  5. 札幌女児死亡 道警面会に児相同行断る 「行くべきだった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです