メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫実あられ

土産にいかが カフェと煎餅店がコラボ、新商品誕生 浦安 /千葉

「甘じょっぱさ癖に」

 浦安市猫実(ねこざね)にあるカフェと煎餅店がコラボレーションし、新商品「猫実あられ」が誕生した。塩味のあられにキャラメルやくるみをあえた、甘じょっぱさが癖になる味だ。考案した猫実珈琲(コーヒー)店の瀬古恵子さん(50)は「猫実のお土産にしてほしい」と話している。

 昨年末、瀬古さんに地元フリーペーパーの企画で市内の店とのコラボ商品の開発をもちかけられた。相手として希望したのが、創業130年の「浅田煎餅本舗」だった。「お米マイスター」の浅田勝朗社長(57)が米やしょうゆを厳選し、40種類以上の煎餅やおかきを販売している。「同じ猫実のお店で、おいしくて気になっていた」と瀬古さんは話す。

 当初は猫形やコーヒー味の煎餅なども考えたが、カフェで製造販売している「猫実もなか」の中に入れている…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです