メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫実あられ

土産にいかが カフェと煎餅店がコラボ、新商品誕生 浦安 /千葉

「甘じょっぱさ癖に」

 浦安市猫実(ねこざね)にあるカフェと煎餅店がコラボレーションし、新商品「猫実あられ」が誕生した。塩味のあられにキャラメルやくるみをあえた、甘じょっぱさが癖になる味だ。考案した猫実珈琲(コーヒー)店の瀬古恵子さん(50)は「猫実のお土産にしてほしい」と話している。

 昨年末、瀬古さんに地元フリーペーパーの企画で市内の店とのコラボ商品の開発をもちかけられた。相手として希望したのが、創業130年の「浅田煎餅本舗」だった。「お米マイスター」の浅田勝朗社長(57)が米やしょうゆを厳選し、40種類以上の煎餅やおかきを販売している。「同じ猫実のお店で、おいしくて気になっていた」と瀬古さんは話す。

 当初は猫形やコーヒー味の煎餅なども考えたが、カフェで製造販売している「猫実もなか」の中に入れている…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです