メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来へつなぐ

国立ハンセン病療養所 駿河療養所に学芸員 資料整理や地域との橋渡し役も /静岡

 ハンセン病の元患者らが暮らす国立駿河療養所に今月、学芸員が配属された。療養所の歴史や入所者が差別されてきた暮らしなど、研修などで訪れた人に解説したり療養所内の資料を整理したりして、地元と療養所をつなぐ役割を担う。地域に療養所を開放する将来構想案の前進が期待される。【奥山智己】

 全国に13ある国立ハンセン病療養所のうち、学芸員がいるのは長島愛生園(岡山県瀬戸内市)など9カ所。公益財団法人・日本財団(東京都)が厚生労働省から委託されて事業を実施している。しかし、駿河療養所など3カ所では配置を検討していたものの、これまでいなかった。

 このため、療養所内に残されている過去の資料がどんな内容で、どれだけ残っているのかの実態把握が手つか…

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文870文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

  5. ORICON NEWS AAA西島隆弘が千葉県で復興支援 物資の搬送や写真撮影にも応じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです