連載

わたしの歩跡

毎日新聞デジタルの「わたしの歩跡」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

わたしの歩跡

大部屋出身の俳優 土平ドンペイさん(52)=草津市/14 池に落ちたら手当500円 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
頭をそると、手当5000円。手当は、雨ぬれなど細かく料金が設定されていた=土平ドンペイさん提供
頭をそると、手当5000円。手当は、雨ぬれなど細かく料金が設定されていた=土平ドンペイさん提供

 <はい上がる人/わたしの歩跡>

生活できず、みなバイト

 松竹と東映の撮影所は空気感が全然違いましたねえ。東映はぴりっとする感じでしたけど、松竹はパイプいすに座ってメークをやっていたら、渡辺謙さんが「おはようございます」って隣でやり出す。人数が少ないこともあってか、知らない役者さんにも普通にしゃべりかけて普通に対話ができたんですね。

 松竹京都撮影所(京都市右京区)の大部屋はギシギシいう階段を上がったプレハブの2階にあって、4畳半ぐらいの部屋が三つぐらい。6~8畳の女性部屋も一つあって。大部屋俳優は20人ぐらいいました。僕と同世代の20代後半が最若手で、上となると、無声映画から出ていた山内の八っちゃん(山内八郎さん)という名物おじいちゃん。女性は5、6人ぐらいでしたね。

この記事は有料記事です。

残り1068文字(全文1405文字)

あわせて読みたい

注目の特集