メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松江市長

新知事と歩み寄る姿勢 「かいらい政権」懸念も /島根

 保守分裂の選挙戦となり、丸山達也氏(49)が勝った7日投開票の知事選。対立候補の大庭誠司氏(59)を推した松浦正敬松江市長は9日の定例記者会見で「いろいろな懸念があり大庭さんを支援してきた。残念だ」と述べた。一方で「県民の意思で決まった以上、市も県と連携しなければならない」と、歩み寄る姿勢を示した。

 自民の中堅・若手県議らが軸となって擁立した丸山氏について、松浦市長は選挙期間中の大庭氏の応援演説で…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文398文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです