メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紙幣

刷新 24年度めど 1万円・渋沢栄一、5000円・津田梅子、1000円・北里柴三郎

 政府は9日、刷新する1万円、5000円、1000円の各紙幣(日本銀行券)の図柄を発表した。2024年度上期をめどに発行する。新たな肖像画は明治以降の産業や教育の発展に貢献した3人で、1万円札が渋沢栄一、5000円札は津田梅子、1000円札は北里柴三郎。図柄の刷新は偽造防止が主な目的で、04年以来20年ぶりとなる。【大久保渉、深津誠】

 渋沢は第一国立銀行など多くの企業の設立・経営に関わり、「日本の資本主義の父」と呼ばれている。津田は日本初の女子留学生の一人で、津田塾大の創設者。北里はペスト菌の発見など医学の発展に貢献した。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです