メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉田・自民参院幹事長

忖度発言を否定 「必要な道路、幅広い賛同」

衆院国土交通委員会で「忖度」発言による塚田一郎氏の副国交相辞任について謝罪する石井啓一国交相=国会内で2019年4月9日、川田雅浩撮影

 自民党の吉田博美参院幹事長は9日、下関北九州道路の整備を巡って昨年12月に塚田一郎副国土交通相(当時)と面会した際、「総理、副総理というと国交省もやりにくいだろう」と述べたのは「忖度(そんたく)」を促したのではないと反論するコメントを発表した。

 国交省が公表した面会記録によると、吉田氏は冒頭で「総理、副総理の地元とは関係なく、必要な道路だ」と述べた。これを踏まえ、吉田氏はコメントで「幅広い賛同の中で進めていきたいという趣旨で発言したことが改めて裏付けられた」と強調した。「国交省もやりにくい」の部分は「直後の『与党、公明党、野党で協力して進めていく』という発言につな…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです