メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウクライナ大統領選

決選投票21日 相手陣営揺さぶり合い

 【モスクワ大前仁】ウクライナで今月21日に実施される大統領選の決選投票では、コメディアンのゼレンスキー氏(41)とポロシェンコ大統領(53)が討論会開催などを巡り、相手陣営を揺さぶり合う状況が続いている。第1回投票(3月31日)で14ポイント差をつけたゼレンスキー氏が逃げ切りを図る一方で、ポロシェンコ氏は巻き返しに必死の様相だ。

 政治経験のないゼレンスキー氏は既存政治家への不信を背景に支持を広げた一方、個々の政策で踏み込んだ発言を避けてきた。そのため決選投票進出を決めた後、ポロシェンコ陣営はゼレンスキー氏の「経験不足」をあぶり出す狙いで、討論会開催を迫った。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです