米国

対イラン圧力強化 革命防衛隊「テロ組織」 対立深まる

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は8日、イランの軍事組織・革命防衛隊(IRGC)を「外国テロ組織」に指定すると発表した。対イラン圧力強化の一環で、米連邦法に基づき外国の政府機関そのものをテロ組織に指定するのは初めて。一方、ロイター通信によるとイランのロウハニ大統領は米国の決定について「誤りだ」と述べ、「むしろイラン国民を結束させるだろう」と強く反発した。

 トランプ氏は声明で「テロ支援は深刻な代償を伴うということを示す明確なメッセージだ」と強調しているが、イラン側は対抗措置として米国をテロ支援国家、中東などを管轄する米中央軍をテロ組織に指定。米・イランの対立は深まっている。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文840文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集