メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者が行く! ワーケーション日記

仕事+休暇、次世代の働き方を体験 得難い時間、親子共に

滞在したテレワーク専用施設「しれとこらぼ」2階は3LDKの居住スペースで、生活に必要なものは全てそろう=北海道斜里町で2019年3月28日、今村茜撮影

 ワーク(仕事)とバケーション(休暇)を組み合わせた「ワーケーション」。欧米発祥の働き方で、日本でも大手企業などで導入が進む。記者は今回、小学生の2人の娘たちとともに北海道・知床に飛び、9日間の滞在で新しい働き方を体験した。【今村茜】

 東京から約1000キロ離れた世界遺産の知床半島。半島西部に位置する北海道斜里町で、記者は3月23~31日の日程でワーケーションをすることにした。春休み、学校ではできない経験をさせたいと考えたためだ。

 昨年夏、和歌山県白浜町で親子を対象にした2日間のワーケーション体験プログラムに参加したが、今回は自…

この記事は有料記事です。

残り1300文字(全文1567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  5. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです