特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-稲葉陽八段 第43局の3

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

やや消極的

 稲葉は57分考えて玉を引いた。「[後]8四飛で先手が困っている」と言われていただけに、やや消極的な指し回しだ。代えて(1)[後]8四飛[先]7六銀(2)[後]5四銀[先]7四歩[後]6三金[先]6五歩[後]7四金のいずれも有力。「勝つまでは長いが稲葉よし」と断言する検討陣に対し「そんなにいいと思っていなかった」と稲葉。「必敗まではいかないと思った」と三浦。

 夕刻。窓の外には美しい日本庭園が広がっているが、対局室の窓は厚いカーテンに覆われている。夜の帳(とばり)がおり、庭園にだいだい色の明かりがぽつりとともる。夜は始まったばかりだ。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文609文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集