メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

首相「令和」を私物化? ネット意識しアピール 「おこがましい」「たくみなショー」

新元号発表時の安倍首相記者会見と識者の指摘は?

 <access>

 新元号発表の祝祭気分が一段落したが、発表時に安倍晋三首相が前面に出すぎだったとの声も出た。なりふり構わぬ天皇代替わりの政治利用か、計算し尽くされた官邸のマーケティングか。「改元騒動」を改めて考えてみる。【江畑佳明】

 首相は1日、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムで自身の記者会見をライブ配信させ、「歴史上初めて国書を典拠に元号を決定した」とアピール。夜もNHKやテレビ朝日のニュース番組に生出演し、ニュースは改元一色となった。

 「安倍政権は新元号発表を政権浮揚に利用したと言わざるをえない」。政治学者の白井聡・京都精華大専任講師は言う。確かに国の統計不正問題は吹き飛んだ感があり、共同通信社の世論調査で内閣支持率が前月から10ポイント近く跳ね上がった。

この記事は有料記事です。

残り1051文字(全文1391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです