メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第5部 夫婦の歳月/中 だんらん、家族の糧 「普通」の子育て実践

静岡・浜名湖畔で、地元の児童らと花火を楽しまれる天皇ご一家=1978年8月3日(浜松市提供)

 静岡・浜名湖畔で花火を楽しまれる天皇ご一家。1978年8月に撮影された写真だ。天皇陛下は即位前、家族そろって旧細江町(現浜松市)でたびたび静養された。地域のキャンプファイアや祭りに加わり、皇太子さまは地元の小学生とソフトボールを楽しんだ。

 ご一家のだんらんは、天皇、皇后両陛下が天皇家の子育ての進め方を改めたからこそと言える。陛下が3歳で親元を離れたように、親子別々に暮らすのが天皇家の習慣だったが、両陛下は3人の子供を手元で育てた。母乳を与える役目の乳人(めのと)も廃止。陛下には、家族の気持ちを理解して初めて国民の気持ちも実感できるとの考えがあった。

 静養の様子を知る浜松市の石川隆久さん(78)は「即位後に『平成流』と言われるずっと前から親しみを感…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1063文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  4. 女子中学生を2年監禁 寺内被告に懲役12年 東京高裁判決
  5. 質問なるほドリ クールビズ、効果出てる? CO2を169万トン削減、体感温度も2度低く=回答・大場あい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです