メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第5部 夫婦の歳月/中 だんらん、家族の糧 「普通」の子育て実践

静岡・浜名湖畔で、地元の児童らと花火を楽しまれる天皇ご一家=1978年8月3日(浜松市提供)

 静岡・浜名湖畔で花火を楽しまれる天皇ご一家。1978年8月に撮影された写真だ。天皇陛下は即位前、家族そろって旧細江町(現浜松市)でたびたび静養された。地域のキャンプファイアや祭りに加わり、皇太子さまは地元の小学生とソフトボールを楽しんだ。

 ご一家のだんらんは、天皇、皇后両陛下が天皇家の子育ての進め方を改めたからこそと言える。陛下が3歳で親元を離れたように、親子別々に暮らすのが天皇家の習慣だったが、両陛下は3人の子供を手元で育てた。母乳を与える役目の乳人(めのと)も廃止。陛下には、家族の気持ちを理解して初めて国民の気持ちも実感できるとの考えがあった。

 静養の様子を知る浜松市の石川隆久さん(78)は「即位後に『平成流』と言われるずっと前から親しみを感…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1063文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです