メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・環境

豊かな日本、多様な「お印」 皇族一人一人のシンボル植物

 皇族方が身の回りのものにつける「お印」。国内に分布する植物が使われていることが多いが、どんな樹木、草花なのだろう。5月の代替わり、平成に代わる新しい元号「令和」の施行を前に、お印の植物を調べた。

 ●規定も基準もなく

 お印は慣例で皇族一人一人のシンボルとして、図案化するなどして持ち物、調度品に付けられる。宮内庁報道室によると、お印に関する規定はなく、「公式デザイン」もないという。起源ははっきりしないが、名前そのものを書くのがはばかられたためとも言われる。

 選び方の基準はないが、ご家族で話し合って決められることが多いようで、ほとんどが植物だが、雪や星とい…

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1428文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 覆面レスラー「議会に新風」信州プロレス代表・グレート無茶氏、長野市議選トップ当選

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  5. 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです