メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山は博物館

それは戦時下だった/13 奥穂高岳「道場」で戦技研究

 「錬成登山」や「行軍登山」。国や軍は戦時中、レジャーだった登山にも戦争を持ち込み、山登りを通した体力増進や精神鍛錬を国民に強いた。柔道や剣道にならった「登山道」を唱え、山は「道場」。この動きに加担する有名登山家もいた。北アルプスの奥穂高岳(3190メートル)では、山岳会を統制する半軍事組織「大日本体育会行軍山岳部会」が一般会員に武器を担がせ、「山岳戦技研究会」を開いた。

 この動きが目立つのは、1937年の日中戦争勃発と、「尽忠報国」などと国民を教化する政府の「国民精神…

この記事は有料記事です。

残り1581文字(全文1818文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです