メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性のカラダノート

高齢出産/3 帝王切開リスク、正しく知る

堤さんの手元には、妊娠高血圧症候群と診断されたことや帝王切開の記録が残る=東京都内で

 帝王切開の原因になる妊娠高血圧症候群や、自然分娩(ぶんべん)が難しくなる前置胎盤など、高齢出産はトラブルが起きやすい。ただ、個人の事情によるところが大きく、専門家は過剰な心配は不要としつつ、リスクを正しく認識するよう呼びかけている。

 ●筋腫、高血圧も原因

 東京都の堤かおるさん(46)は、都内の大学病院で2人の娘を出産した。いずれも緊急帝王切開だった。36歳で結婚して間もなく、健康診断で15センチの子宮筋腫が見つかった。産婦人科医に相談すると「年齢を考え、妊娠を優先させましょう」と言われた。筋腫の摘出手術を受けると、子宮が回復するまで妊娠できない。治療に時間を費やすことで、妊娠しにくくなる可能性を考えたとみられる。

 その数カ月後に妊娠したが、筋腫が理由で地元の病院では受け入れてもらえなかった。退職して体の負担を減…

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1439文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです