メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

ルール変更で進化を=小川佳実

 サッカーの競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)の年次総会が3月にあり、2019~20年シーズンに適用されるルールが決定された。変更や解釈が加わった点など幾つかご紹介したい。

 一番大きなものはハンドリングで、これまでの判断基準で「意図的」と表現されてきたことに加えて「偶然に」手や腕に当たった場合、状況に応じて反則となることが具体的に提示された。例えば、意図せずとも「肩よりも上にある腕や手」「体を不自然に大きく見せている腕や手」にボールが当たれば反則となる。これまでの解釈よりもハンドの反則となる幅は広がるので、特に守備側は気をつける必要がある。

 フリーキックで攻撃側の選手は、守備側が3人以上で作る「壁」の前後左右1メートル以内に入ることが禁止…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです