メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新紙幣

新時代の顔 ゆかりの地、歓喜 深谷「栄一ふさわしい」

 20年ぶりとなる紙幣刷新が発表されたことを受け、3人の出身自治体や関連施設からは9日、喜びや歓迎の声が聞かれた。【大平明日香、杉山恵一、安高晋】

 新1万円札の肖像画となる渋沢栄一(1840~1931年)が生まれ育った埼玉県深谷市の小島進市長は9日、市内の渋沢栄一記念館で記者会見を開き「日本社会に与えた影響は大きく、お札の顔になるのにふさわしい人物。栄一翁を市内外に広めようと多くの市民が活動してきたおかげ」と大喜びした。

 会見には、渋沢を紙幣の肖像画にしようと約15年前から活動してきた市民団体のメンバーも同席。宮川友安…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1068文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです