メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新紙幣

新時代の顔 ゆかりの地、歓喜 深谷「栄一ふさわしい」

 20年ぶりとなる紙幣刷新が発表されたことを受け、3人の出身自治体や関連施設からは9日、喜びや歓迎の声が聞かれた。【大平明日香、杉山恵一、安高晋】

 新1万円札の肖像画となる渋沢栄一(1840~1931年)が生まれ育った埼玉県深谷市の小島進市長は9日、市内の渋沢栄一記念館で記者会見を開き「日本社会に与えた影響は大きく、お札の顔になるのにふさわしい人物。栄一翁を市内外に広めようと多くの市民が活動してきたおかげ」と大喜びした。

 会見には、渋沢を紙幣の肖像画にしようと約15年前から活動してきた市民団体のメンバーも同席。宮川友安会長(72)は「栄一翁の肖像を付けたレプリカの『10万円札』を作り全国で配ったが、鼻で笑われたこともあった。実現してうれしい」と笑顔を見せた。裏側の図柄になる予定の東京駅舎は、深谷で製造されたれんがでできており、小島市長は「深谷ゆかりの偉人だけでなく、建物まで採用され、平成最後に大きなプレゼントをも…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文1068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです