東京・公立福生病院

透析中止死亡 医師の経緯説明、2月回答と相違

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 公立福生病院の松山健院長と外科医は3月28日、毎日新聞を除く報道各社に対し、昨年8月に亡くなった女性(当時44歳)の事例などについて経緯を説明した。

 東京新聞や朝日新聞などの報道によると、外科医は「(女性に対して)透析の中止は示していない。治療が難しくなり、別の方法を提案すると女性が拒んだ」などと…

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文343文字)

あわせて読みたい

注目の特集