航空トラブル

空自F35墜落か 三沢所属、太平洋上で訓練中

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
消息を絶った航空自衛隊のステルス戦闘機F35A=航空自衛隊提供
消息を絶った航空自衛隊のステルス戦闘機F35A=航空自衛隊提供

 9日午後7時27分ごろ、航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35A1機(乗員1人)が同基地の東約135キロの太平洋上を訓練飛行中にレーダーから消え、連絡を絶った。墜落した可能性があり、空自などが救難機などで周辺を捜索している。空自が現在保有する同型機12機は当面、飛行を中止する。

 F35を巡っては、昨年9月に短距離離陸・垂直着陸可能なB型が米国で墜落したが、通常離着陸型のA型は、これまで墜落したことがない。日本はA型を計105機、B型を42機取得する方針で、事故の原因次第では今後の取得計画に影響が出る恐れがある。

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文696文字)

あわせて読みたい

注目の特集