メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

圧勝再び

大阪ダブル選/下 包囲網、足元動けず

厳しい表情で支持者へのあいさつを終えた小西禎一氏(左)と柳本顕氏=大阪市中央区で2019年4月7日午後8時半、小松雄介撮影

 11年ぶりに大阪府知事選で共闘した自民党と公明党。大阪都構想を阻止し、大阪維新の会政治に「ノー」を突きつける戦いは惨敗に終わった。連立政権を組む自公を中心に連合大阪も加わった反維新陣営は「船頭が多すぎた」(自民府議幹部)と自滅に近く、迷走を続けた。

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1166文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  2. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 学術会議「国の機関から切り離し」 井上担当相の提案が波紋

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです