メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
圧勝再び

大阪ダブル選/下 包囲網、足元動けず

厳しい表情で支持者へのあいさつを終えた小西禎一氏(左)と柳本顕氏=大阪市中央区で2019年4月7日午後8時半、小松雄介撮影

 11年ぶりに大阪府知事選で共闘した自民党と公明党。大阪都構想を阻止し、大阪維新の会政治に「ノー」を突きつける戦いは惨敗に終わった。連立政権を組む自公を中心に連合大阪も加わった反維新陣営は「船頭が多すぎた」(自民府議幹部)と自滅に近く、迷走を続けた。

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1166文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです