メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

圧勝再び

大阪ダブル選/下 包囲網、足元動けず

厳しい表情で支持者へのあいさつを終えた小西禎一氏(左)と柳本顕氏=大阪市中央区で2019年4月7日午後8時半、小松雄介撮影

 11年ぶりに大阪府知事選で共闘した自民党と公明党。大阪都構想を阻止し、大阪維新の会政治に「ノー」を突きつける戦いは惨敗に終わった。連立政権を組む自公を中心に連合大阪も加わった反維新陣営は「船頭が多すぎた」(自民府議幹部)と自滅に近く、迷走を続けた。

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1166文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  4. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです