メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新紙幣

刷新、24年度めど 20年ぶり、偽造防止目的 1万円・渋沢栄一、5000円・津田梅子、1000円・北里柴三郎

 政府は9日、1万円、5000円、1000円の各紙幣(日本銀行券)を全面的に刷新すると明らかにし、各紙幣の図柄を発表した。2024年度上期をめどに発行する。新たな肖像画は明治以降の産業や教育の発展に貢献した3人で、1万円札が渋沢栄一、5000円札は津田梅子、1000円札は北里柴三郎。図柄の刷新は偽造防止が主な目的で、04年以来20年ぶりとなる。【大久保渉、深津誠】

 渋沢は第一国立銀行など多くの企業の設立・経営に関わり、「日本の資本主義の父」と呼ばれている。津田は…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文760文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです