メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん

10年生存率上昇56% 5年後67% 国立がん研究センター

 国立がん研究センターが9日発表した2002~05年にがんと診断された人の10年後の生存率は、昨年より0・8ポイント上昇して56・3%だった。08~10年に診断された人の5年後の生存率は67・9%。いずれも1990年代後半から伸びており、オプジーボなど「免疫チェックポイント阻害剤」の効果などで改善が続くと期待される。

 10年生存率の発表は4回目。全国20施設の約7万人のデータを集計した。部位別では、前立腺がん(95…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文596文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 運転免許返納 入浴料割引、ドリンクサービスも 横浜・天然温泉満天の湯 /神奈川
  4. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  5. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです