メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

航空トラブル

空自F35A、消息絶つ 三沢所属 青森沖で訓練中

 9日午後7時27分ごろ、航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35A1機(乗員1人)が同基地の東約135キロの太平洋上を訓練飛行中にレーダーから消え、連絡を絶った。墜落した可能性があり、空自などが救難機などで周辺を捜索している。空自が現在保有する同型機12機は当面、飛行を中止する。

 F35を巡っては、昨年9月に短距離離陸・垂直着陸可能なB型が米国で墜落したが、通常離着陸型のA型は…

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1027文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  3. ORICON NEWS 小雪の姉・弥生、妊娠報告「夏の終わりには家族が増える予定」
  4. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです