普天間「運用停止」 新期限協議へ 政府と沖縄、2年9カ月ぶり「推進会議」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
普天間飛行場負担軽減推進会議の冒頭に握手する沖縄県の玉城デニー知事(左)と菅義偉官房長官(右)=首相官邸で2019年4月10日午前8時、川田雅浩撮影
普天間飛行場負担軽減推進会議の冒頭に握手する沖縄県の玉城デニー知事(左)と菅義偉官房長官(右)=首相官邸で2019年4月10日午前8時、川田雅浩撮影

 政府は10日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を巡り、政府と県、宜野湾市による「普天間飛行場負担軽減推進会議」を首相官邸で開いた。2014年に政府と県が合意した普天間飛行場の「5年以内」の運用停止期限が今年2月で切れたことを踏まえ、新たな期限の設定を同会議の作業部会で具体的に協議する方…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

あわせて読みたい

注目の特集