沖縄との対話 浮かぶ溝 普天間返還合意12日で23年

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
普天間飛行場負担軽減推進会議を巡る経緯
普天間飛行場負担軽減推進会議を巡る経緯

 政府は10日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を巡り、地元の県や市との「普天間飛行場負担軽減推進会議」を約2年9カ月ぶりに開いた。玉城デニー知事就任後、県との対話を重ねて移設への理解を得たい政府だが、反対する県との溝の深さが改めて浮き彫りになった。日米両政府が普天間返還で合意してから12日で23年。返還の道筋が見えないまま、政府と県の確執は深まる。

この記事は有料記事です。

残り1369文字(全文1559文字)

あわせて読みたい

注目の特集