メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄との対話 浮かぶ溝 普天間返還合意12日で23年

普天間飛行場負担軽減推進会議を巡る経緯

 政府は10日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を巡り、地元の県や市との「普天間飛行場負担軽減推進会議」を約2年9カ月ぶりに開いた。玉城デニー知事就任後、県との対話を重ねて移設への理解を得たい政府だが、反対する県との溝の深さが改めて浮き彫りになった。日米両政府が普天間返還で合意してから12日で23年。返還の道筋が見えないまま、政府と県の確執は深まる。

この記事は有料記事です。

残り1369文字(全文1559文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  2. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす
  3. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん、田村さん会見詳報(1)「反社会勢力なんて知り合いにおるわけない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです