メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在韓日本大使館の新築許可が取り消し 日本側、慰安婦像で工事未着手か

更地のまま放置されている在韓国日本大使館の土地。道路を挟んだ向かい側には少女像とそれを守る市民団体のテント(丸囲みの中)がある=朝鮮日報提供

 【ソウル堀山明子】施設の老朽化を理由に移転中の在韓国日本大使館が、移転前施設の建て替え新築工事に着手せず、建築許可が取り消されていた。朝鮮日報などが10日、報じた。敷地前に設置された慰安婦を象徴する少女像について、韓国政府は2015年の日韓合意で撤去に向けて努力するとしているが、大使館側はその進展がない中で戻ることを留保しているとみられる。

 大使館は15年、老朽化に伴い隣接する高層オフィスビルに賃貸で移転。約2400平方メートルの敷地は更…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  4. 半グレ集団「モロッコ」幹部逮捕へ バーで少女働かせた疑い 大阪府警

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです