メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏、エジプト大統領と関係強化 「米国民拘束しているのに」非難の声

握手するトランプ米大統領(右)とエジプトのシシ大統領=ホワイトハウスで9日、AP

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は9日、エジプトのシシ大統領とホワイトハウスで会談した。両首脳は国家分裂状態が続くリビア情勢やテロとの戦い、水資源問題などについて協議。軍事や経済協力の強化でも一致した模様だ。シシ政権は2013年の軍事クーデターで政権を掌握して以降、反政府的な人権活動家やジャーナリストを相次ぎ拘束。独裁色と人権抑圧の姿勢を強めるシシ氏との接近に米議会や人権活動家からは批判の声が上がっている。

 両氏の会談は6回目。会談冒頭、トランプ氏は「軍事や貿易など多くのことについて協議したい。(エジプトは)大きな貿易相手国だ」と述べた。シシ氏は「かつてなく良好な2国間関係を、さまざまな分野で深化させたい」と応じた。エジプトが近くロシアからスホイ35戦闘機を購入するとされていることについては、トランプ氏は記者団の問いかけを無視した。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです