メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

F35A型墜落は世界初 米国など影響広がる恐れ

 航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の上空で消息を絶った事故で、岩屋毅防衛相は10日、現場付近の海域で同機の尾翼の一部が見つかったことを明らかにした。防衛省は同機が墜落したと断定。米軍とともに、操縦士の40代の男性3佐や残る機体の捜索を続けている。

 防衛省によると、3種類あるF35のうち…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです