公取委がオンライン旅行会社立ち入り エクスペディアなど 独禁法違反の疑い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「エクスペディア」のウェブサイト
「エクスペディア」のウェブサイト

 オンライン旅行会社大手の「エクスペディア」「ブッキングドットコム」「楽天トラベル」が観光ホテルなどに対し、競合他社のサイト上に自社価格より安い宿泊プランを掲載しないよう求めていた疑いが強まったとして、公正取引委員会は10日、独占禁止法違反(不公正な取引方法)の疑いで立ち入り検査した。

 関係者によると、立ち入り先はエクスペディアとブッキングドットコムの各運営会社の日本法人と、「楽天トラベル」を運営する楽天(いずれも東京)。

 3社は自社サイトに宿泊プランを掲載する契約を結んだホテルや旅館などの宿泊施設に対し、より安い宿泊プランを他社のサイトに掲載しないよう求めていたという。3社は連携せず、それぞれ独自の判断でホテル側に要請していたとみられる。独禁法では、相手方を拘束する条件を付けて取引することを「拘束条件付き取引」として禁じている。

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文656文字)

あわせて読みたい

注目の特集