メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空自機F35A墜落 突発的なトラブル発生か

 青森県沖で消息を絶ち、10日に墜落が確認された航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)所属のF35Aステルス戦闘機。操縦していた男性3佐は事故直前、無線で「ノック・イット・オフ(訓練中止)」と伝えていたという。10日朝の時点で3佐が緊急脱出した形跡は見つかっておらず、突発的なトラブルが発生した可能性が高い。最新鋭機の墜落に防衛省には衝撃が走った。

 「地元の皆様に大変不安を与え、深くおわび申し上げたい」。岩屋毅防衛相は10日朝、防衛省で報道陣に陳…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです