メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島・大熊町で一部避難指示解除 住民の帰還意欲低下、課題は山積

自宅近くで散歩をする佐藤右吉さん=福島県大熊町の大川原地区で2019年4月10日午前5時53分、渡部直樹撮影

 政府は10日午前0時、東京電力福島第1原発事故で全域が避難区域になっている福島県大熊町の一部地域で避難指示を解除した。除染による放射線量の低下などが理由で、同原発が立地する大熊、双葉両町では初の解除。事故から8年がたち、解除地域で役場新庁舎が整備される一方、生活基盤が避難先に移ったことから住民の帰還意欲が低下するなど、課題は山積している。

 避難指示区域は線量の高い順に、帰還困難▽居住制限▽避難指示解除準備――の3区域に分類され、今回は居…

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1028文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです