メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本庶氏「オプジーボ利益など分配額引き上げを」 小野薬品との協議再開訴え

治療薬の特許について、弁護士らとともに記者会見する本庶佑・京都大特別教授(左)=京都市左京区で2019年4月10日午後4時58分、川平愛撮影

 昨年のノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑(ほんじょ・たすく)・京都大特別教授は10日、京都市内で記者会見した。がん免疫治療薬「オプジーボ」を共同開発した小野薬品工業(大阪市)に対し、特許使用料の分配額の引き上げを求めた。本庶氏は「不正確な説明で異常に低い配分率の契約をした。公正な評価をしてもらわないと日本の生命科学はだめになる」と早期の協議再開を訴えた。

 同社は、本庶氏が発見した免疫の働きにブレーキをかけるたんぱく質「PD―1」に着目。これを取り除くこ…

この記事は有料記事です。

残り1241文字(全文1471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. ことば AYA世代

  4. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです