メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共同開発の小野薬品への失望隠さず 本庶氏・オプジーボ特許使用料で会見

治療薬の特許について記者会見する本庶佑・京都大特別教授=京都市左京区で2019年4月10日午後4時57分、川平愛撮影

 「研究者をだましたり、不正確な説明をされたりするとは想定もしていなかった」。ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授が10日、異例の記者会見に踏み切った。会見は約2時間に及び、本庶氏はがん免疫治療薬「オプジーボ」を共同開発した小野薬品工業(大阪市)への失望を隠さなかった。

 午後3時半過ぎ、京都市内の会見場に険しい表情で姿を見せた本庶氏。約40年前から同社と共同研究を続けてきた信頼関係が崩れたと訴えた。

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 収入減世帯の無利子融資 4割が延長 感染拡大で困窮、再延長求める声も

  5. 高橋大輔3位 アイスダンス転向後初の公式戦 フィギュアスケートNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです