メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ナイジェリア南西部の町、双子が多い理由は食生活か

 4月10日、ナイジェリア南西部にあるオヨ州イグボオラの町は、双子が多いことで有名だ。住民はその理由を、オクラをよく食べるためではないかと考えているという。4日撮影(2019年 ロイター/Afolabi Sotunde)

[PR]

 [10日 ロイター] - ナイジェリア南西部にあるオヨ州イグボオラの町は、双子が多いことで有名だ。住民はその理由を、オクラをよく食べるためではないかと考えているという。

 1970年代の調査によると、現地に暮らすヨルバ族では、1000件の出産のうち50組ほどの割合で双子が生まれるという。

 ある双子の母親は「わたしはオクラの葉をたくさん食べるので、8組の双子を産んだ。4組しか生き残っていないが」といい、「双子はとても素晴らしい。豆やおかゆを食べて特別なお祝いをする」と話した。

 ヤムイモなどで作る伝統料理「アマラ」が理由の1つだとの見方もあるという。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  4. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです