メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ナイジェリア南西部の町、双子が多い理由は食生活か

 4月10日、ナイジェリア南西部にあるオヨ州イグボオラの町は、双子が多いことで有名だ。住民はその理由を、オクラをよく食べるためではないかと考えているという。4日撮影(2019年 ロイター/Afolabi Sotunde)

[PR]

 [10日 ロイター] - ナイジェリア南西部にあるオヨ州イグボオラの町は、双子が多いことで有名だ。住民はその理由を、オクラをよく食べるためではないかと考えているという。

     1970年代の調査によると、現地に暮らすヨルバ族では、1000件の出産のうち50組ほどの割合で双子が生まれるという。

     ある双子の母親は「わたしはオクラの葉をたくさん食べるので、8組の双子を産んだ。4組しか生き残っていないが」といい、「双子はとても素晴らしい。豆やおかゆを食べて特別なお祝いをする」と話した。

     ヤムイモなどで作る伝統料理「アマラ」が理由の1つだとの見方もあるという。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

    2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

    3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

    4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

    5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです