メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

宝石工房ファベルジェのティアラが競売へ、予想価格は最高3700万円

 4月9日、競売会社クリスティーズは、ロシアの宝石工房ファベルジェが1904年に制作したティアラをオークションにかける予定だ。ダイヤモンドやアクアマリンで飾られており、落札予定価格は23万―34万ドル(2555万―3777万円)。(2019年 ロイター)

[PR]

 [ロンドン 9日 ロイター] - 競売会社クリスティーズは、ロシアの宝石工房ファベルジェが1904年に制作したティアラをオークションにかける予定だ。ダイヤモンドやアクアマリンで飾られており、落札予定価格は23万―34万ドル(2555万―3777万円)。

     ドイツにあったメクレンブルク=シュベリーン大公国のフリードリヒ・フランツ4世が、妃に結婚祝いとして贈ったもの。真の愛情を意味する忘れな草とキューピッドの矢が、リボンで結ばれたデザインとなっている。

     フリードリヒ・フランツ4世の母親はロシア大公の娘で、ファベルジェの熱心な収集家であり、当時22歳だった息子にこの工房が制作したティアラを贈るよう勧めたという。

     だが宝石の選択にもたついたため、ティアラが到着したのは結婚の1カ月後だったことが、ロシアとドイツの裁判所で交わされた書簡に残っている。

     クリスティーズの宝石担当者によると、ファベルジェ制作のティアラは数が非常に少ないという。

     競売は5月15日、スイスのジュネーブで行われる。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

    2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

    3. 教諭が陸上部合宿中に女子生徒にわいせつ 兵庫・小野 教諭は行方不明

    4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

    5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです