メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚歌劇

花組「CASANOVA」 明日海が生き生きと=評・小玉祥子

明日海りお(左)と仙名彩世=宝塚歌劇団提供

 18世紀の名高き色事師を主人公にしたミュージカルの一本立て。生田大和作・演出、ドーヴ・アチア作曲。

 カサノヴァ(明日海りお)は魔術で人心を乱した疑いをかけられ、ヴェネツィア共和国の審問官コンデュルメル(柚香光(ゆずかれい))の命で逮捕されるが、同房のバルビ神父(水美舞斗)と脱獄に成功。逃亡中にヴェネツィア総督のめいベアトリーチェ(仙名彩世)と出会い、恋に落ちる。

 ためらいもなく魅力を振りまき、どんな女性も、たちどころに虜(とりこ)としてきたカサノヴァが、「人生…

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文780文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです