メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 冬の昼下がり、岩手県陸前高田市の漁港近くで石碑を探していた。気仙町湊は昭和三陸地震津波で被害を受け、1934年に津波記念碑が建立された。地図にはあるが、見つからない。ウオーキング中の70代男性に尋ねると、「台座だけあるでしょ。東日本大震災で石碑は倒れ、移設したんです」。

 男性に教えられた高台の集落へ車で約5分。大震災後、湊地区は山を切り開いた造成地へ…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです